メニュー

在宅復帰 超強化型施設として

2018年、飯能リハビリ館は「在宅復帰超強化型」施設として指定されました。

img_032018年、国の介護報酬改定で介護老人保健施設のサービス形態が見直され、「基本型」「加算型」「在宅強化型」「超強化型」「その他」の5タイプとなりました。その中において、飯能リハビリ館は在宅復帰・在宅療養支援機能・リハビリテーション機能などが高く評価され、最上位にあたる「超強化型」の介護老人保健施設へ指定されました。
これからも、ご利用者様が地域でさらに安心した生活が送ることができるよう、スタッフ一同サービスを提供してまいります。

「超強化型施設」の特徴

「在宅復帰」「在宅療養支援機能」の充実

  • 在宅復帰率の向上
  • 入・退所前後訪問指導の実施
  • ショートステイ・デイケアとの連携

「充実したリハビリテーション」機能

  • 「在宅復帰パス」に基づいた計画的なリハビリ実施
  • リハビリ専門職の充実した配置

「地域医療連携」「看取りケア」の実施

  • 病院退院後のスムーズな入所
  • かかりつけ医との連携
  • 看取りケア

スムーズな在宅復帰へ

img_01ご本人・家族の意向を踏まえ「在宅復帰パス」という計画書を作成し、スムーズな在宅復帰を目指します。
入所前のご自宅訪問により、住環境などの確認、退所後を見据えた生活機能の維持・向上のための具体的な目標を掲げた計画を作成しリハビリに取り組んでいきます。また退所時においても、住環境の確認や在宅の生活を支えるケアマネージャーと連携により、住み慣れたご自宅でその人らしい生活を送れる環境づくりを支援していきます。

在宅復帰パス

img_14

リハビリテーション機能の充実

身体機能の向上を図り、安心して在宅生活を送れるよう、計画に基づきリハビリテーションを行っていきます。そのために医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、管理栄養士などリハビリ専門職を配置し連携をとり、ご自宅で安心して生活できることを目標に、その人にあったリハビリテーションを実施していきます。

飯能リハビリ館のリハビリテーションとは?

ショートステイ、デイケアを利用し安心の在宅生活

飯能リハビリ館は、在宅復帰後もいざというときに利用できるサポート体制を整えております。短期間の入所ができる「ショートステイ」や、自宅から通所(通い)の「デイケア」を利用をしてリハビリを継続することも可能です。自宅に帰ってからも必要に応じ施設の機能を使いながら、安心した生活を送れるようサポートしていきます。

img_02

地域医療の連携から看取りケアまで

img_05上記の図のように、病院に入院中の方が退院したあと、住みなれた地域で生活していくための大切な役割を担います。病院から飯能リハビリ館へのスムーズな入所や、入所後のかかりつけ医など地域医療との連携を図り、利用者さまのニーズにお応えします。
また上記の図にように、人生において最も大切な時間である終末期における看取りケアも、医療・介護の連携により、安心の時間が提供できるよう対応させていただいております。
(看取りケアは、病状や利用者さまの状況によりお受けできない場合もございます。詳しくはご相談させてください)

相談体制の充実を

入所中・またご自宅へ戻られてからも、お困りのことがあったら飯能リハビリ館の地域連携支援課 支援相談員までお気軽にご連絡ください。ケアマネージャーや様々な地域資源と連携を図り、ご利用者さまやご家族の安心につながるようサポートさせていただきます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME